レーシックは術後のケアが必要?
どんな検査

レーシックは術後のケアが必要?

多くの病院やクリニックでは、手術をおこなう前のカウンセリングなどで、術後のアフターケアの重要性について、患者にしっかりとした説明をおこなっています。
近年では「レーシック難民」という、レーシック手術をおこなった後の合併症や後遺症http://lasik.kanagawa.jp/kouisyou.htmlに悩まされている人達が増えていると聞きますが、このような事態が起こっている一番の原因は、病院側がアフターケアを軽視して、患者に適切な処置をおこなわなかったためだと言われているのです。
では、具体的にどのようなアフターケアをおこなう必要があるのでしょうか?

まず、手術当日はhttp://www.sppd.org/16.htmlにもかいてあるようにドライアイの状態になるため、数時間毎に目薬をさす必要があり、飲酒や喫煙、入浴などが禁止されます。
また、術後1週間は、目をこすったり、衝撃を与えたりしないように、保護用の眼鏡や眼帯を装着して生活をおこなうことになります。
http://www.stqy.net/007.htmlにも術後1週間の過ごし方について詳しく載っていますのでご覧ください。
そして、翌日には、術後の経過を見るために再び病因へ診察を受けに行く必要があります。

この時点では、まだ、完全に視力が回復をしている状態ではありませんが、術後数日間は感染症にかかりやすい状態になっているため、目に何らかの違和感を感じている場合は、必ず医師に相談をするようにしましょう。
その後は、治療を受けているクリニックによって異なりますが、1週間検診、1ヶ月検診、3ヶ月検診、6ヶ月検診、というように定期的に検診を受ける必要があります。
検診日に検診を受けることは当然ですが、目の異常を感じた場合には、次の検診日を待たずに直ぐに診察を受けに行きましょう。

とくに忙しい人の場合、視力がある程度回復をすると、定期検診に行かなくなることもあるようでが、レーシック治療は手術が無事に終ればそれで終了をするわけではなく、
http://xn----4euxa2cxmpd6039coosb.com/12.htmlにもかいてあるとおりその後の経過がとても重要になります。
角膜の傷が治るまでにはある程度の時間がかかりますし、フラップが目に定着をするまでには約1週間の期間が必要です。
また、視力が完全に回復をするまでには、最低で1ヶ月、長い人の場合は、1年近い期間を必要とするのです。
順調に傷や視力の回復がされているのか、感染症や合併症にかかっていないかなどをしっかりとチェックしてもらうためにも、定期健診は必ず最後まで受けるようにして下さい。
また、全てのクリニックや病院で、しっかりとしたアフターケアがおこなわれているとは限らないので、病院を選ぶ際には、アフターケアに対してどのような取り組みをおこなっているのかを確認してから選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ